上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ズィーバー a

製作中のズィーバーですが
上の画像がこのキットの構造の肝で
背骨の2パーツで ロボット&翼竜の首の上げ下を 再現してあり
パーツ構成も少なく大変考えられたキットです

ただこれがパチ組で即遊ぼう の趣旨には良いのですが
(本来小学低学年向き のキットですから)

これが塗装となると見事に パーツがシンプルなだけに
塗りもって仕上げて行かないと 組めませんw
近年のキットに目がなれてると 作業が億劫に凄く感じられ いかんですな^^
子供の頃は このスタイルのキットは多かったのに
(ようは塗装面をマスキングして 仕上て行けば良いことなんですが)
歳と ともに ずぼらになってくようです

このシリーズ 発売当時は 私も 主役側の戦闘機型しか
覚えがなかったのですが 敵側の生態メカのほうが 
プラモデルとしては ギミックの凝ったものが多いですから
面白いシリーズであったと 今確認してます
スポンサーサイト
 

<< 1/20 スネークアイ 再販入荷しました | Home | オモロイド >>

コメント

台風クラブ

作り方、仕上げ方の各種は、慣れですね~バンダイ製ガンプラだけではなく船とか車、飛行機などのジャンル違いのものとか、ガレキなどをこなしてくるとやり方のイロハみたいなもんが自分で消化できると思いますが・・・昔はほとんど挟み込みやったけんね~
マスキングもなれると楽ヨン

Re: 台風クラブ

昔はほとんど挟み込みやったけんね~

そう言うことです^^:
ガンプラばかり目にしてると 出来てた事が出来なくりますね~
という話ですわ・・

> マスキングもなれると楽ヨン

マスキング は前のソフビも そうなように
コチラはマスキング好きですよ^^:
kopannさんも もうちょい丁寧にしたら 引き立ちますよ

このキットの場合 塗りわけマスキングと
挟み込み組み立ての為 色つき防止のマスキングが必要です
マスキングより 都度塗装して パーツ成型に戻る工程が 手間です。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。