上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
十年以上永眠してた ソフビを 起しにかかってます

ソフビもレジンキット同様 離型材や成分の油分があるので
まずコレを落とします
作業用に鍋を一つ用意せんといかんのが 手間ですが
調理用鍋を使うのはさすがにお勧めできません(笑)し 台所長にまちがいなく
どやされますから 1個用意しましょう 
というわけで先日片手鍋買ってきました

湯煎

鍋は大きめのを買っておくほうが良いです
(前記のガイキングもふくめて 4キットぶんほどを同時処理)
沸騰させた湯の中で5?8分 煮炊きします
(中性洗剤を加えて煮てやると 最近の洗剤は強力ですから なお良いです)
炊くことで ソフビの油分を脱脂させるのと パーツのゆがみ戻しも出来ます

湯煎2

終わったら冷水に1日ぐらい漬けておきます
ゆで直後のソフビは 極端に柔らかくなってますから
冷ましてもとの硬さにもどしてから 最後に中性洗剤でもう一度洗えば
あとは 通常の模型塗装と同じ工程です

ソフトビニールとは言っても 硬質ですから ソフビで一番苦労するのは
パーツの切り離しだと思います
この点は はるかにレジンキットのほうが楽です
スパーロボット系ぐらいなら パーツ構成もそう多くないですが
後のリアル系になると パーツ数も半端じゃないぐらいありますから
一苦労します。

反面ソフビは 分割線が表面にないので その分は楽ですが
パーツの合わせやすり合わせは 都度調整がいりますから 
一長一短でしょうね

ソフビ マジンガーZ

同スケールの ホバーパイルダー(メタル製)付属の
マジンガーZ(絶版)拳の出来良く 価格も安く御気に入りキットでした 








スポンサーサイト
 

<< キャラクターエイジ | Home | 窓を開いて空を見ろ・・ちょっと息抜き >>

コメント

真!偽SFマルチモデラ-衝撃編

まあ好きな造形物にと手間と暇はかかるのは当然といえば、当然ですが、最近は全部ダム目線で考えてしまう人が多く、全ては工程が連想できない経験値のなさからくるのでしょうが、一体ソフビが簡単だとどういう格付認識なんでしょね?
今回、こういう工程画像あげてもらって大いに助かります。
私もブログやろうかな?
あまりにも完成品画像だけだと、簡単に思われてしまいますから。
まあ個人に根ずいた苦労なんてものは、外にひけらかすものではないというのは重々承知してますが、プラを作る自体で(多分にダム)薀蓄いうてる世代とかいかなるものなんでしょうか?

Re: 真!偽SFマルチモデラ-衝撃編

> 今回、こういう工程画像あげてもらって大いに助かります。

古参モデラーさんからすれば 何当たり前のことあげとるんや~ってことになるんでしょうが
ここ数年店やって 入門層のレベル低下と自己努力しない人が増えてるの痛切にかじてますから
参考にはなるのかなと思いまして
ただ画像見て読んだだけで 終わってる人には何しても無駄でしょうね
実際 今回ゆでたガイキングのソフビは スパロボなのに極細のモールディングが入ってまして
湯煎前と後では あきらかにハッキシ見えます
ようするに溝部分に油分が被ってた 証ですね こういうの自分でやって目で確認したら
作業の意味合いも判ってくるでしょうがね


> 私もブログやろうかな?

どうそどうぞ^^

> まあ個人に根ずいた苦労なんてものは、外にひけらかすものではないというのは重々承知してます

 昭和世代のモデラーなら推測できて 普通ですから その考えもうなずけますが
 今はそうじゃない層が増えたということですね
 ただ ガンプラ製作本みたいに パーツ毎に写真とって説明してるような物は
 はなはだ 情けないと 感じてますから
 全部見せるのが良いとは 私も思いませんがね

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。