上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
アーマードの化粧作業が終わり?ましたので 上げます
VF-1A アーマドバルキリー 前 VF-1A アーマドバルキリー 後

細部の塗装と スミイレ ハイライト処理 の残り作業済ませました

最近ハイペースで製作されてる kopann さんに 配色アドバイスいただき
ドライブブラシ等処理しています 色味に関しては他の人に意見もらったほうが良いときもあるので
悩むときは聞くのも手だとおもいます
グリーン部は ダークイエロー+ダークーイエロー+白 で
グレーは無難にライトグレーで ブラシあててます
画面が暗いので少し薄くみえますが 部分的にはあてすぎ?な箇所もあり
この作業加減はやはり繊細でね・・ブラシあててると楽しくなってきてやりすぎが^^:
というか 最近の雑誌でこんな仕上げのロボット 見ないしね・・昭和人の証だな。

デカールは市販デカール&製作時にキット3種つかってるのでそこからと
足のお姉さんは 他キットの予備からとってきました
(判る人には 即でしょうね 笑)

  VF-1A アーマードバルキリー 2 VF-1A アーマードバルキリー 5 VF-1A アーマードバルキリー 4

キット自体が バルキリー増加装甲タイプではなく 単体のロボット的に模型は出来てるので
なら 陸戦用ということにしようと 変更してます
よって パージしないように作ってしまってます 破損したバルキリーから腕やら頭やら
持ってきて作ったというとこですかね^^:
この過程 見てる方は初期からおもわれてたでしょう 問題 のミサイル配置ですが
(5連2層(サイコロの5の目)タイプが 正規)
スパルタン 搭載タイプを取り付けたというこれまた嘘設定からです。

で今回製作参考にしてたのが この本です
本2 本1

イマイとアリイさんの共同企画で出版された本ですが
作例紹介に 設定画像まで挿絵に入ってる中々の本だったりします
シャドー吹き全盛の時代でしたから 作品が総じて黒い仕上がりなのが 懐かしいです(笑)
トップの背面画像を入れ替えました

塗装参考載せておきます
カラー参考1 カラー参考2 アーマード 組説
で 上が組説の塗装指示です 1Aタイプの塗装もこのカラーが指示で載ってますから
ネービーカラーのイメージしか ほとんどの方は無いでしょうね

上半身と肩以外は そういじってないんですが(弄ってると終わらないので)
可動軸を加えるだけで かなりイメージが違って見えますが このキットですよ(笑)
当時の撮り方で結構評価損してますね このキットは。








スポンサーサイト
 

<< 静岡模型ホビーショー 目前 | Home | WAVE 再販 カウツ&フリーゲ 新規1/24スタンディングトータス予約受付中 >>

コメント

イマイチだ!…って

まだそのネタで引っ張るんですかい?(笑)

でもオリーブドラブのバルキリーっていうのはありそうでなかった配色なので面白いですね!

機会があればファイターにイギリス迷彩とかかまして見てください(^^)

Re: イマイチだ!…って



> まだそのネタで引っ張るんですかい?(笑)

怒られたから 訂正しておきました

> でもオリーブドラブのバルキリーっていうのはありそうでなかった配色なので面白いですね!
追記に箱イラスト上げておきましたので 参考にどうぞ

塗装は ライトグリーン&ダークグリーン なんですが^^
ベース色は、混色にすると 後の加減がやっかいですから
極力そのまま使ってます
ダークのほうに関しては影色~ハイライト含めて 数色まじってますからそうもみえるかも
同系ですしね

> 機会があればファイターにイギリス迷彩とかかまして見てください(^^)

ブリッティシュバルキリー ですか FG系列とか^^:
今回のあちらさんのネタは 英国ですか?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。