上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
最近作りにこられてるYさんの M4ハイスピードトラクター
京都在住で京阪沿線沿いとは いえ 遠方から来ていただいてます

始めたてということで、練習でエアーブラシ塗装されました
ブラシの使い方は 当然慣れが必要ですが 初さんにしては
良い感じで塗られてると思います
本来ベタ(単色)塗りが こなせるようになってからの作業になりますが
影付けをつけたいということで 黒?マホガニー?オリーブドラブで 計5層の吹きつけ
をやってもらいました 

ちなみに色味は当人さんの選択されたいろですし
ブラシの使用方と始めに少し吹きつけしただけで すべて本人さんにやってもらってます
こちらが吹いてしまうと 下地の加減とかが 判らないので
あえて薄かったり濃かったりしても そのままやってもらってます

Yさん 作品

無論 吹きつけ距離が均一になってないし 吹きムラもあり
アラは見えてますが
タラシや溜まりが そうでてませんので 成れて行かれれば上達されると思います

ただ来られる方で 本の作品みたいなのが即できると思われてる方が
多いのですが 正直な話 模型は来て30分程度で雑誌作例のようなものが
作れることなどありませんし 工程を説明しようにもまずそ初歩の作業が 出来てないと
説明すら 出来ないのが事実です 
作例のような作品をめざすなら まず自分の手で組んでなれて行くことが必要です

また 初歩の作業というのは そんなに難しい作業ではありません
いかに自分で上手く作ろうと考え作業を繰り返していけば 上達していきます

作業するのは 此方ではなく製作者さんの手なわけで 感覚は人それぞれ違います
それは 個人で覚えていくしかありません

此方でお教えできるのは 切り出し方や 接着方法 接合面処理 塗装用具の使い方
塗料の希釈 使用後の器具洗浄と行ったところです。

基本的にその作業の繰り返しで技術上げていくのが模型です

ようするに頭でどうこう悩む1時間があるなら 
1時間ブラシ塗装・なり組み立てなりをしたほうが始めは
理解も感覚もつかめるということです。

少しくどくなりましたが
HPの方でも 記載してますが 
当店に設置してるブースは 本来倉庫スペースにあたる部分を使用して設置しており
近年増えた レンタル工房とは 多少違うと思ってもらったほうが良いです

当店が 開業時に模型好きさんとの交流で なにかしたいと考えてた折
家庭事情で塗装ができないとかの話をよく耳にしてましたから
そういう方の利用場になればと思い始めたもので 以前 亜空間(模型店) さんが
店内に数席組みたて場所を設けられてのを参考にさせてもらい 塗装までできればということで
ブースを常設できる場所を 大阪市内さがしてようやくこのビルのオーナーさんに許可
もらい始めました 

その後 和歌山の模型の蔵さん が同様に始められ
大阪では アナハイムカフェさんが 工房オンリーでスペース提供始められました

現在大手さんまでやられてるような レンタルという形も考えてましたが
模型屋のサービスとして始めたのと 個人店ということもあり
来客時に奥にこもって 初心者さんに付きっきりに成るようなことも出来ませんので
時間料金設定は廃止しています
さすがに倉庫を別途借り手ますので 無料というわけには行きませんので
使用料として¥600のみ頂いております

2?3人程度がスペース的に適度です。

また普段は通販の発送等で使用してますので 事前に連絡いただく方が
助かります。





スポンサーサイト
 

<< 模型博覧会2008の作品画像が上がりだしました | Home | お勧めツール >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。