上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
もう ご存知の方も多いと思われますが
いまや定番になった 継続模型組み立て誌のシリーズです

城の模型って昭和世代のかたなら 子供のころ1度は組んだ覚えがあると思いますが
今になって 模型として非常に興味深いアイテムが 2点登場します
一つは上記した 1/90 サイズの 安土城 もう一つは GSIクレオスから発売予定の
1/150 サイズの熊本城です
いずれも完成後に内部構造が 確認できる模型になっています
安土城のほうは 半分割り(城のカットモデル) 主材料 木製
熊本城のほうは かぶせ蓋方式で各階層をバラシテ見れる構造 プラ製

城の模型は いままで木製のレーザー加工キットを
ウッディー・ジョー 社から 発売されてましたが
内部展開(構造再現)はされてなく 外観を楽しむアイテムでしたから

模型として 純粋に組んで観たいという衝動に駆られてますが
やはりプラ材のほうが 馴染みがあって良いかな?と思う反面
木製モデルの方は 内部の梁から組んでいくようで間違いなく 疑似体験はできそうですが
問題は 3年ちゅう 恐ろしく長い期間です
定期購読で組んだ場合世間が忘れてるころに完成するアイテムです
というか3年もテンション維持するような 事は 可能なのか?
という懸念が 非常に大きいです

このシリーズ商売側から見れば 良いんでしょうが
製作側からすれば 非常に難しい製作スタイルを継続するわけで
なをかつ木製パーツ組の場合大型モデルになれば ソリ も 考量しないといけません
実際 「大和」を製作されたお客さんから話を聞いたところは 船体を作ったあと
ペーパ掛け&パテで船体をならす 作業は必須のようです。

「大和」の時も一括販売が鑑賞ケース付きであったような覚えがありますから
今回も有るのか 気にかかるところであります。

それを含めても 少し 築城に惹かれてるしだいです
模型って組んでみたいとか 組んで楽しいが 基本ですから。

購入するか? 判りません ^^:




スポンサーサイト
 

<< 久しぶりに | Home | 問屋掘り出し物 >>

コメント

お城大爆発(ディアゴスティ-ニィ篇)

安土城の天守閣八層の最上階には是非、織田ノブナリ君を入れてあげてくださいね!

こんにちは。
これはもしかして、D社の「安土城」ですかぁ(笑)

あれねぇ~!
「週間大和を作る」で大和仲間が何人も作ってますが、未だに完成してないヤツもいますぜぇ~(苦笑)

この安土城も、全号揃えないと完成しない!and総額163000円でっせぇ!
こりゃ貧乏モデラーには無理ですなぁ~(泣;

>いい加減落ち着いてね Kopanさん

いきなり彼を最上階におくと
また採点ミスとか出たりしたら どうするんですか?(笑)
かわりに 中井貴一さん を 瓦に載せてね 

>屋根裏部屋の男さん
そうなんですよ・・金額も馬鹿にならないんですよね 痛
3年継続なら ず~と創刊価格に
して欲しいぐらいですね
加えてあの分厚い本100冊以上
保管となると2mほどの積み上げになるわけで おき場所も大変ですしね

しかも定期購読申し込みに
途中でやめても構いませんって
あるんですが
破片だけもってどうしろと?
あとスクラッチ?

悩みは多いです。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。